消化器センター

消化器センター

特色

消化器センターは消化器内科医、消化器外科医の連携により消化器疾患に対して幅広く、より専門的に、且つスムーズに診療していくことを目的に運営しております。

対象疾患と診療内容

診察スタッフは消化器内科医6名、同外科医9名により担当しています。対象疾患は食道、胃十二指腸、大腸、直腸、及び肝、膵、脾疾患と幅広く対応しております。

食道、胃十二指腸、大腸、直腸の領域では内視鏡学の大きな進歩により的確な診断、および、より侵襲の少ない内視鏡治療の症例が増加傾向です。一方で内視鏡治療よりも外科的治療が適切な場合は外科と連携した医療を提供いたします。肝、膵、脾疾患では胆石症には腹腔鏡下手術を、肝腫瘍ではRFA(ラジオ波焼灼療法)などを行い効果を上げています。治療が難しい膵疾患に対しましても専門医が在籍しており治療にあたらせて頂きます。早期の正確な診断とより低侵襲性の手術を心がけています。