化学療法センター

化学療法センター

特色

近年、悪性腫瘍の化学療法の成績は、着実に前進いたしております。優れた抗腫瘍剤の登場もさることながら、それによる様々な副作用を緩和する支持療法の発展、確立が大きな要因となっているのです。
当センターは、抗腫瘍剤に感受性のある悪性腫瘍や、骨髄造血障害に対して、安全に治療を遂行するため、当院に設置された施設です。
白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍は、化学療法に対して高い感受性を有するものがありますが、標準的治療で良好な効果を得られた症例に対しては、薬の投与量を増やすことでさらに良い効果が期待でき、治癒を望むことも決して夢ではありません。
当センター内は、高度にクリーンな環境に保たれており、抗腫瘍剤による骨髄抑制時懸念される感染の危険を極力減少させることができます。
血液内科では、当センターを利用して造血幹細胞移植(骨髄移植、末梢血幹細胞移植)を行っています。自家末梢血幹細胞移植は、予め採取しておいた自分の造血幹細胞を大量の抗腫瘍剤による骨髄抑制時に輸注することで、造血回復を促すものです。その結果、抗がん剤に感受性のある腫瘍細胞を大幅に殺し治癒の可能性を高めることができます。平成18年から同種造血幹細胞移植を開始しています。移植治療の適応がある患者さんにはその方に適した造血幹細胞移植を行っていきたいと考えております。

スタッフ体制

センター長
氏家 秀敏 HIDETOSHI  UJIIE