財団法人 住友病院

  • ご来院の皆様へ
  • ご来院の皆様へ
  • ご来院の皆様へ

総合病院直結の健診施設という安心感。早期発見から早期治療へ、専門科との迅速な連携が特徴です

住友病院の14階フロアは健康管理センターとして独立しており、人間ドックや健康診断業務を行っております。人間ドックの受検者は年間約九千名と規模が大きく、日々多くの方に対し、さまざまな疾患についてチェックを行っています。総合病院直結のドック施設であり、もし重大な疾患が見つかっても、同じ建物内の各専門科への紹介を迅速に行うことができます。検査結果の多くは電子カルテ上で共有されており、主治医は健診・ドックで得られた結果に容易にアクセスすることが可能です。
健診から治療まで、住友病院が大切なお身体をトータルにサポート致します。

お知らせ
新オプションとして、骨格筋肉量測定(サルコペニア診断)、内臓脂肪測定(インピーダンス法)、BNP(脳性ナトリウム利尿ペプチド)検査を開始しました。
詳しくはこちら(PDF)
宿泊ドックAコースでは、検査内容をより充実させるため、メタボリックシンドロームの評価に必要な検査を追加・実施しております。
詳しくはこちら(PDF)
新オプションとして、大腸CT(仮想大腸内視鏡)を開始しました。
詳細はこちらから(PDF)
  • 日本病院会、健康保険組合連合会、日本総合健診医学会の認定ドック優良施設です。
  • 基本コースに豊富なオプションメニューを加えることにより、オーダーメードの健康チェックを行なうことができます。
  • 各専門医の協力のもとに、みなさまの生活スタイルを考慮した上で、お1人お1人に合った総合判定を行ないます。
センター長から

当院の松澤佑次院長が提唱したメタボリック症候群は広く世に知られるようになりました。当センターでは、メタボリック症候群に伴う動脈硬化から生じる慢性全身性の病態をより客観的に捉えるべく、関連因子であるアディポネクチンの測定を全国に先駆けて人間ドックの基本項目に加え、結果判定と生活指導に活用しております。その他、当センターの人間ドックでは豊富なオプション検査を選択いただくことで幅広い疾患をカバーでき、各専門科所属のエキスパートが診断に加わることで、重大な疾患を早期に確実に捉えることが可能です。今後も更にメニューの充実を図り、皆様のご要望に応えて参りたいと思います。

健康管理センター長 藤本 敬

センター内の様子

  • 診察室ゾーン、心電図、X線撮影診察室ゾーン、心電図、X線撮影
  • 婦人科待ち合い、聴力検査婦人科待ち合い、聴力検査
  • 採血、身体計測ゾーン採血、身体計測ゾーン
  • 眼科検査眼科検査
  • 呼吸機能呼吸機能
  • 採血(アディポネクチン測定)採血(アディポネクチン測定)
  • 胃X線検査胃X線検査

フロアマップ

フロアマップ14階

Copyright(c)Sumitomo Hospital, All Rights Reserved.