各種センターのご紹介

各種センターのご紹介

手術室、ICU・CCUの充実により、高度な手術から緊急手術まで対応しています。内科系外科系の科別診療だけでなく、臓器疾患別の診療センターを設置し医師、看護師、技師によるチーム医療を充実します。

循環器・呼吸器センター

循環器・呼吸器センターは、循環器科、呼吸器科、心臓血管外科、呼吸器外科の4つの科から成り立っています。内科、外科の垣根を越えた、より高度な医療の提供を目指してチーム医療にとり組んでいます。

腎センター

住友病院腎センターでは、血液透析療法、血漿交換療法を行っています。高度な医療を提供し、安心して治療が受けられることをモットーにしています。

化学療法センター

近年、悪性腫瘍の化学療法の成績は、着実に前進いたしております。優れた抗腫瘍剤の登場もさることながら、それによるさまざまな副作用を緩和する支持療法の発展、確立が大きな要因となっているのです。

糖尿病・代謝センター

糖尿病・高脂血症・肥満でお悩みの方へ:糖尿病の方はもちろん高脂血症の方、あるいは肥満でお悩みの方を対象に、食事の盛り付けをしたり散歩している間に、“元気で長生き”の基本である食事療法や運動療法を楽しく自然にマスターしていただくセンターです。

消化器センター

消化器センターは消化器内科医、消化器外科医の連携により消化器疾患に対して幅広く、より専門的に、且つスムーズに診療していくことを目的に運営しております。

日帰り手術センター

当院では患者さんに対する医療の向上を目的として、下記の内容にて日帰り手術センターを開設し、日帰り手術を実施しております。またセンターでは専門のケア・コーディネーター(看護師)も配置し、万全の体制で看護させていただきます。

口腔・顎センター

形成外科との連携を重視した高い専門性とハイクオリティーな診療の提供と、急性期病院における入院中の有疾病歯科診療を行い、地域との連携に貢献することを目的に、口腔・顎センターを新設いたしました。

人工関節センター

股関節・膝関節の病気に対する人工関節の治療を、コンピュータを使用したナビゲーション手術や傷の小さな小侵襲手術という最先端の高度な手術法を導入し、より優れた長期成績、より良い機能の獲得を目指して行っています。また治療にかかわる医師、看護師、理学療法士が専門的な知識、経験をもちチームワークのある体制を整えています。

脊椎センター

脊椎疾患に対し、診断、手術、術後のリハビリテーションを確実に行うために、診療科を超えて治療に当たります。最近では低侵襲手術(体に負担の少ない手術)も行っており、患者さんのニーズに則した治療方針を立てています。

高齢者骨折センター

骨粗鬆症を基盤として、比較的軽い転倒等で起こる大腿骨近位部骨折のように早期の手術、リハビリテーションが必要な骨折に対し、他の病気や慢性疾患(高血圧、心臓疾患、糖尿病、神経疾患等)を有しておられる場合でも、安全に質の高い治療を行うため、整形外科医だけではなく,内科医、麻酔科医、看護師、薬剤師、理学療法士、栄養士、医療ソーシャルワーカー等、多職種が連携し治療にあたります。

血管内治療(IVR)センター

従来から実施していた血管内治療をさらに充実させるため、血管治療(IVR)センターを立ち上げました。心臓血管外科・放射線診断科・循環器内科の医師を中心に、関係各科と連携しながら治療に取り組んでいます。