救急科

救急科

特色

当院では、近隣諸医療機関からの紹介や、救急隊からの搬送依頼の受け入れを全診療科の協力のもとに行うことにより、「断らない医療」が実践できるよう努めています。平日時間内は状態に応じて各診療科または救急センターで診療を行いますが、平日時間外および休日はすべて救急センターにおいて、2名の救急当直医が2名の当直看護師と協力して診察、治療に当たり、必要に応じて内科、外科、循環器の各当直医がバックアップします。救急センターには、救命処置や小手術も可能な広い初療室に加え、3名を収容できる救急診療室および2つの診察室が備わっており、また、同じフロアーにあるCT、MRI、超音波、内視鏡、血管造影室など各種の診断、治療機器を用いた診療が可能となっています。入院に際しては、ICU、CCUの他に、救急専用ベッドも確保しており、専門医の診療を必要とする場合には各診療科のオンコール体制により、夜間、休日でも緊急手術、緊急血管造影、血液浄化法などの治療を速やかに行えるように努力しております。

対象疾患と診療内容

当院救急科は大阪府、大阪市の第二次救急医療施設の認定を受けており、内科、外科、循環器科が救急協力診療科目となっています。第二次救急医療施設とは入院を必要とするような中等症・重症患者さんを対象として診療するものでありますので、ご理解をお願いいたします。一般の外来診療については『外来のご案内』のページをご覧ください。

治療実績 診療実績

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

スタッフ体制

医師名役職専門資格
杉野 達也すぎの たつや
  • 顧問
  • 兼救急科診療主任部長
  • 救命救急医学
  • 日本救急医学会指導医
  • 日本救急医学会救急科専門医
  • 日本外科学会認定医
  • ICLSディレクター
  • JPTEC近畿世話人
    /インストラクター

連携医療機関の先生方へ

一般内科・外科系疾患の救急対応に加え、急性心筋梗塞に対する24時間緊急カテーテル検査・治療が可能な循環器救急体制をとっています。また緊急手術が必要な救急患者さんに対しては、救急科、ICU、手術室が密接に連携してスムーズな受入が可能となってます。