脳神経外科

脳神経外科

特色

H26年1月より脳神経外科診療が開始されました。脳神経外科疾患全般を診療し、入院治療のほか、内頸動脈狭窄症に対する内膜剥離術や、正常圧水頭症・慢性硬膜下血腫といった手術に対応しています。
脳神経外科ではクモ膜下出血に代表される脳血管疾患、様々な脳腫瘍、頭部外傷、症候性てんかんなどを担当しています。最近の脳神経外科診療の進歩にはめざましいものがあり、MRIやCTにより患者さんには大きな負担なく診断がつけられるようになりました。また治療面でも、開頭手術一辺倒の時代から、低侵襲治療へと大きく変わってきています。現在のところ、開頭手術には対応していませんが、最新の診断装置を駆使するとともに、脳神経内科をはじめとした院内各科との協力や他病院との連携により、患者さんに満足していただける最良の脳神経外科治療を受けていただいています。
日本脳神経外科学会は「脳・脊髄に生じる疾患の予防、急性期治療、慢性期治療を網羅的に対応できる診療科です」と、脳神経外科を規定しています。偶然発見された脳動脈瘤や脳腫瘍、頭痛、軽微な頭部外傷、てんかん、脳卒中、特に内頚動脈狭窄症など、脳神経外科関連疾患の急性期・慢性期治療、検査について診療しています。直接来院されても診療可能ですが、お近くの医師(かかりつけ医)より地域医療連携部に連絡していただければ、スムーズに診療が開始できます。

特殊な検査や手術などが必要な患者さんには、ご希望をうかがったうえで最も良いとみられる施設に紹介させていただいています。

対象疾患と診療内容

国内のガイドラインに基づくだけでなく、国際基準も考慮した、患者さん一人一人に最適な医療を受けていただけるよう日々研鑽・努力を積み重ねています。
現在1名体制のため、主として外来診療をおこなっていますが、開頭手術が不必要な脳卒中・頭部外傷や、内頚動脈狭窄症・慢性硬膜下血腫・水頭症など手術が必要な疾患に対しては入院治療も実施しています。関係各科に協力していただき、住友病院の特徴である安心できる医療を快適に受けていただけるよう心がけています。開頭手術や脳血管内手術には現在のところ対応しておりません。ご希望をうかがい、最適の病院や医師を紹介させていただきます。
診療内容にご疑問、ご希望があれば何なりと担当医・看護師までお伝えください。

スタッフ体制

医師名役職専門資格
大槻 秀夫おおつき ひでお
  • 脳神経外科診療主任部長
  • 兼 救急科
  • 脳神経超音波医学
  • 脳循環代謝の核医学診断
  • 医学博士
  • 日本脳神経外科学会専門医
  • 日本脳卒中学会専門医

連携医療機関の先生方へ

豊富な経験と最新のエビデンスに基づき、手術対象の患者さんを含め、脳神経外科関連の病気に悩んでおられる方のご相談と診療・治療にあたっています。手術症例に限らず、脳ドックなど脳神経系の疾患について何なりとご相談ください。