住友病院
高度良質な医療のために
トップページ > 住友病院のご紹介 > 高度良質な医療のために > 脊椎センター

循環器・呼吸器センター 消化器センター 人工関節センター
腎センター 日帰り手術センター 脊椎センター
化学療法センター 口腔・顎センター 血管内治療(IVR)センター
糖尿病・代謝センター        

脊椎センター

診療担当日時
スタッフ体制

概要


脊椎センターについて
 脊椎疾患の多くは変性(加齢変化)により背椎構造が変化し、その結果椎間板・椎間関節・傍脊椎筋群の機能低下や近傍を通過する神経の圧迫によりもたらされます。症状としては頚部痛・腰痛・手足のしびれや痛み・麻痺など多くの障害をもたらし、患者さんの健康状態を悪化させます。
 私たちは診察と検査、時には脳神経内科医とも協力してそれらの症状が本当に脊椎に由来するのか、神経の圧迫によって生じているのかなどの診断を行い、患者さんの社会的背景やニーズに合わせた治療方針を立てます。手術は有効な治療ですが、すべての患者さんに手術が必要なわけではありませんし有効なわけではありません。その適応を見極めて患者さんが少しでも本来の健康状態に近づけるようお手伝いをします。当院では安定した従来の手術方法に加え、患者さんの負担を減らすために新しい低侵襲治療にも取り組んでいます。

脊椎センターの特徴
【頸部の病気に対する手術】
 頚椎症性脊髄症、頚椎後縦靱帯骨化症、頸椎椎間板ヘルニアに対し、片開き式椎弓形成術を行い脊柱管の拡大、脊髄の除圧を行います。

●頸椎前方除圧固定術
 頸椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靱帯骨化症などに対し、前方から侵入し骨を削ったり、椎間板を切除したりし神経の圧迫を取り除き、骨盤から採取した骨など移植し、金属製の内固定材などを用いて固定を行います。


【腰部、その他の病気での手術】
●腰椎開窓術
 腰椎にすべりや不安定性のない腰部脊柱管狭窄症に対し、神経の除圧を目的とした狭窄椎間の開窓術を原則としています。

●腰椎椎体間固定術
 腰椎変性すべり症、分離すべり症や腰椎変性側弯症に対して、神経の除圧とともに脊椎の安定化のため固定術を行います。固定は椎体間骨移植を行い、金属製の内固定材を用いて確実な方法で実施しています。前方アプローチと後方アプローチによる手術があります。

●経皮的椎体形成術
 胸椎、腰椎の圧迫骨折に対して、全身麻酔下で経皮的にセメントを注入し安定化させる小侵襲手術を施行しています。ただし、適応を十分に検討した上での実施になります。


<リハビリテーション>
基本的には手術の次の日に離床し早期から経験豊富な理学療法士のもとリハビリを開始することができます。手術前にも担当の理学療法士が患者さんの状態を評価しますので、術後のリハビリがスムーズに行えます。


スタッフ体制


医師名 役職 専門 資格
三輪 俊格
みわ としただ
整形外科医長
兼 脊椎センター長
脊椎外科 医学博士
日本整形外科学会整形外科専門医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
日本脊椎脊髄病学会
脊椎脊髄外科指導医



外来診察
脊椎外来初診はすべて、地域医療連携による予約制になっております。
外来担当 水曜日 金曜日 三輪 俊格

 
文字サイズ
小
中
大
 
住友病院
〒530-0005大阪市北区中之島5丁目3番20号
Tel: 06-6443-1261(大代表)
 
Copyright (C) Sumitomo Hospital, All Rights Reserved.