住友病院
高度良質な医療のために
トップページ > 住友病院のご紹介 > 高度良質な医療のために > 化学療法センター

循環器・呼吸器センター 消化器センター 人工関節センター
腎センター 日帰り手術センター 脊椎センター
化学療法センター 口腔・顎センター 血管内治療(IVR)センター
糖尿病・代謝センター        

化学療法センター


概 要
近年、悪性腫瘍の化学療法の成績は、着実に前進いたしております。優れた抗腫瘍剤の登場もさることながら、それによるさまざまな副作用を緩和する支持療法の発展、確立が大きな要因となっているのです。

当センターでは、抗腫瘍剤に感受性のある悪性腫瘍や、骨髄造血障害に対して、安全に治療を遂行するため、新住友病院に設置された施設です。



特 徴
白血病や悪性リンパ腫などの造血器悪性腫瘍や、泌尿器科や婦人科領域の一部の固形ガンは、化学療法に対して高い感受性を有するものがありますが、標準的治療で良好な効果を得られた症例に対しては、薬の投与量を増やすことでさらに良い効果を期待でき、治癒を望むことも決して夢ではありません。

当センター内は、高度にクリーンな環境に保たれており、抗腫瘍剤による骨髄抑制時懸念される感染の危険を、極力減少させることができます。

予め採取しておいた自己血球の前駆細胞(造血幹細胞)を、大量の抗腫瘍剤による骨髄抑制時に輸注することで、骨髄の回復は著しく促進されます。その結果、抗がん剤に感受性のある腫瘍細胞を大幅に殺すことができる自己末梢幹血幹細胞移植術を中心に造血幹細胞移植を行っています。平成18年3月からは同種(他人からの)造血幹細胞移植も行いはじめています。移植適応のある患者様にはその方に適した造血幹細胞移植を行っていきたいと考えております。

化学療法センター長  氏家 秀敏


院内配置図



院内配置図
文字サイズ
小
中
大
 
住友病院
〒530-0005大阪市北区中之島5丁目3番20号
Tel: 06-6443-1261(大代表)
 
Copyright (C) Sumitomo Hospital, All Rights Reserved.