住友病院
診療科一覧
トップページ > 住友病院のご紹介 > 診療科一覧 > 外科(消化器外科・乳腺外科・一般外科)

外科(消化器外科一般外科乳腺外科

診療担当日時
スタッフ体制
~ メディア紹介 ~
週刊朝日『手術数でわかる いい病院 2013』に掲載されました。
乳がん手術数において大阪府18位にランキング
胃がん手術数において大阪府22位にランキング
大腸がん手術数において大阪府22位にランキング
大腸がん内視鏡治療数において大阪府13位にランキング

概要


胃がん、大腸がんをはじめとする消化管疾患。胆石症、すい臓がん、肝臓がんなどの胆道系疾患。乳がん、甲状腺がんなどの乳腺内分泌疾患。痔などの肛門疾患。ソケイヘルニア。
上記疾患に対し、ガイドラインに沿った標準的で最新の治療(低侵襲手術から抗がん剤や放射線治療を加えた集学的治療まで)をインフォームドコンセントののち行っています。全身麻酔の年間手術症例は約800件でその治療成績とともに近畿地方有数の施設として知られており、特に合併症が少ないことは全国にも誇れると自負しています。

消化器外科、一般外科

1.上部消化管
2.下部消化管
(1)大腸がん(結腸がん)
食事の欧米化により?著しく増加の傾向にある疾患です。がんの進行度に応じて最良の治療法を選択しています。

大腸ファイバーによる粘膜切除術
一般的に粘膜内癌の場合に広く行なわれ、当院では外科(消化器外科)と消化器内科の共同で年間約150病変を切除しています。
腹腔鏡下大腸切除術
切開創が小さく患者さんの負担が少ない手術法です。治療ガイドラインでも腸管外への浸潤がなさそうな場合に行って良いとされ、多数の症例を経験しています。
開腹下結腸切除術
従来の治療法。ガイドラインに沿って標準的な手術を安全かつ正確に行っています。

(2)直腸癌
おおむね結腸癌と同じですが、直腸は解剖学的に複雑な位置にあり、周囲の神経の走行も複雑です。そのため手術の際には人工肛門をできるだけ造らないように工夫をしまた、排尿障害や性機能障害などに対する工夫もしています。

3.肝胆膵
(1)胆石症
最も一般的な疾患の一つで、最近ではほとんどがコレステロール系の結石です。

腹腔鏡下胆嚢摘出術
最新の治療法とはいえ全国的に広く行なわれるようになっており、当科ではすでに約4000例を経験し全国的にも有数の手術数を誇っています。基本的には入院から退院まで5日間です。

(2)肝臓がん、胆道(胆管、胆嚢)がん、膵臓がん
肝胆膵領域の腫瘍は悪性度が高く、進行して発見されることもしばしばあります。肝胆膵領域の悪性腫瘍に対する手術は侵襲の大きなものが多いのですが、切除可能な症例に対しては積極的に手術を行っています。また、悪性度の比較的低い腫瘍に対しては腹腔下手術を取り入れ、できるだけ小さな傷で手術を行い、患者さんの負担の軽減、手術の低侵襲化を図っています。残念ながら切除できない症例に対しては、消化器内科や放射線治療科と協力して、個々の患者さんに適した治療法(抗がん剤治療や放射線治療など)を選択、あるいは併用した集学的治療を行っています。

4.鼠径ヘルニア
患者様により局所麻酔または腰椎麻酔で手術していましたが、最近では全身麻酔科にて腹腔鏡で手術することが増えています。入院は約3日間です。

5.肛門疾患
(1)内痔核
一言で言うと肛門部の血管が腫れる事が原因です。非常に多くの人が罹患していると思われます。坐薬などで軽快することも多いのですが、手術が必要な場合もあります。

硬化療法
注射で内痔核を縮めて治す方法です。従来の手術法に比べ痛みはほとんどなく局所麻酔で行え1泊2日で治療します。治療には特別な資格が必要で、当院でも非常に評判のいい治療法でもあります。


乳腺外科

1.乳腺内分泌疾患
(1)乳がん
近年極めて増加の傾向にある疾患で、今や日本人女性でも最も多いがんとなっています。計算上は日本人女性の約18人に1人がその生涯のうちに患うことになります。当科でも年間約110人の方の治療を行っています。診断法の進歩も著しくマンモグラフィー検査や超音波検査、MRI検査などを駆使して、超音波検査部、放射線診断科とのチームで診断しています。また、乳がんはいろいろな臓器の癌のなかでも治療によく反応する癌の一つであり、治療方法の発達が著しい分野です。

乳房温存手術とセンチネルリンパ節生検
治療ガイドラインに沿って積極的に行っています。患者様の負担の少ない手術といえます。術後放射線治療を併用することが多く、この点でも放射線治療科との連携が大切となってきます。
化学療法
著しく発達してきた分野です。当院では乳腺専門医もおり最新の抗がん剤やホルモン剤を駆使して手術などの補助をしています。
同時乳房再建手術
乳房を切除したと同時に形成外科と協力して背中の筋肉などを使って再建する手術です。当院でのチーム医療を象徴する最先端の手術でもあり美容上の問題を解決しようというものです。
PDF乳房再建←(詳細はこちら)

<大阪市乳がん検診>


治療対象患者数および成績


外科(消化器外科・乳腺外科・一般外科)全麻手術数は年間約 610例
胃癌では年間約 50例に根治的外科手術を行っている (その他7割が腹腔鏡補助下に行っている。) 。その他、早期胃癌に対しては、内視鏡的粘膜切除(EMR、ESD)も行っている。治療成績は全国平均と同等。
大腸癌根治的外科手術は年間約 110例。しかも早期大腸癌に対しては、腹腔鏡補助下手術を積極的に施行している。最近では進行癌にも腹腔鏡補助下手術の適応をひろげつつある。その他、大腸ファイバーによる粘膜切除術も多数に行っている。治療成績は全国平均と同等。
肝臓がん、膵臓がん、胆嚢がんの根治的外科手術は約 60例。
胆石症は腹腔鏡下胆嚢摘出術を第一選択としており年間約 130例で全国有数の手術数である。総胆管結石は年間約 15例で、内視鏡的経乳頭部結石除去後に腹腔鏡下胆嚢摘出術を行っている。症例によっては腹腔鏡下総胆管切開結石術をおこなっている。
鼠径ヘルニアは年間約 85例。全身麻酔にて腹腔鏡下にtension free repair法を積極的に行い、局所麻酔で行うこともある。
肛門疾患は年間約 20例。特に内痔核では1泊2日で局麻下の硬化療法を積極的に導入。痛みも少ない。
乳癌根治的外科手術は年間約 120例。乳房温存手術、センチネルリンパ節生検を積極的に行っている。美容上有利な同時再建術も行っている。治療成績は全国平均と同等。


関連治療施設


消化管電子内視鏡、超音波内視鏡、CT、MRI、超音波装置、マイクロ波装置、腹腔鏡下手術装置、harmonic scalpel


診療実績


患者数 (H28年度)
外来患者延数
18,429人
外来患者月平均
1,536人
入院患者延数
15,048人
入院患者月平均
1,254人
  外来紹介率:67.7%


認定情報


日本外科学会認定医修練施設
日本消化器外科学会認定専門医修練施設
日本消化器病学会認定施設
日本消化器内視鏡学会認定指導施設
日本超音波医学会認定超音波専門医制度研修施設
日本乳癌学会研修施設
日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会認定
    乳房再建用エキスパンダー/インプラント実施施設

院内配置図



院内配置図


スタッフ体制


医師名 役職 専門 資格
妙中 直之
たえなか なおゆき
外科系副院長
兼 消化器(消化管)センター長
兼 内視鏡検査部長
兼 がん相談支援センター長
兼 外科
消化器外科
内視鏡外科
医学博士
大阪市立大学臨牀教授
日本外科学会専門医/指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医/指導医
日本消化器外科学会
がん外科治療認定医
日本消化器内視鏡学会
専門医/指導医
日本消化器病学会専門医
日本内視鏡外科学会
技術認定医/指導医
日本緩和医療学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構
暫定教育医
西村 重彦
にしむら しげひこ
外科診療主任部長
兼 外来化学療法室
診療主任部長
兼 がん相談支援センター
副センター長
消化器外科
内視鏡外科
乳腺内分泌外科
医学博士
日本外科学会専門医/指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医/指導医
日本消化器病学会
専門医/指導医
日本超音波医学会
専門医/指導医
日本乳癌学会認定医
乳腺専門医/指導医
日本内視鏡外科学会
技術認定医
日本乳がん検診精度管理
中央機構 読影認定医
日本乳がん学会評議員
山田 靖哉
やまだ のぶや
消化器(肝・胆・膵)センター長
兼 外科診療部長
肝胆膵外科
内視鏡外科
医学博士
日本外科学会専門医/指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医/指導医
日本肝胆膵外科学会
高度技能指導医
日本大腸肛門病学会
専門医/指導医
日本がん治療認定医機構
がん治療認定医
日本消化器外科学会評議員
日本大腸肛門病学会評議員
日本肝胆膵外科学会評議員
近畿外科学会評議員
阿古 英次
あこ えいじ
外科診療部長 消化器外科
内視鏡外科
医学博士
日本外科学会専門医/指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医/指導医
日本消化器内視鏡学会
専門医/指導医
加藤 幸裕
かとう ゆきひろ
外科医長 消化器外科
内視鏡外科
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
吉井 真美
よしい まみ
外科医長 消化器外科
内視鏡外科
医学博士
日本外科学会専門医
日本消化器外科学会専門医
德本 真央
とくもと まお
外科副医長 乳腺内分泌外科 医学博士
日本外科学会外科専門医
日本乳癌学会乳腺専門医
日本乳がん検診精度管理
 中央機構検診マンモグラフィー
読影認定医
亀谷 直樹
かめたに なおき
     
石原 沙江
いしはら さえ
  消化器外科
内視鏡外科
乳腺内分泌外科
日本乳がん検診精度管理
中央機構 読影認定医
日本外科学会専門医
櫛谷 友佳子
くしたに ゆかこ
     
岡﨑 由季
おかざき ゆき
  消化器外科
内視鏡外科
 
福井 康裕
ふくい やすひろ
     
山本 篤
やまもと あつし
非常勤医師 消化器外科
内視鏡外科
医学博士
日本外科学会専門医/指導医
日本消化器外科学会
消化器外科専門医/指導医
日本消化器外科学会
がん外科治療認定医
日本内視鏡外科学会
技術認定医/評議員
日本消化器内視鏡学会
専門医/指導医
インフェクション
コントロールドクター(ICD)
日本胃癌学会評議員
日本臨床外科学会評議員
近畿外科学会評議員
 
文字サイズ
小
中
大
 
住友病院
〒530-0005大阪市北区中之島5丁目3番20号
Tel: 06-6443-1261(大代表)
 
Copyright (C) Sumitomo Hospital, All Rights Reserved.