放射線治療科

放射線治療科


茶谷 正史医師が「The Best Doctors in Japan」に選出されました

特色

がん治療において放射線治療は、手術、抗がん剤治療とともに三本柱として重要な役割を果たしています。特に近年、放射線治療は著しい発展を遂げていると言われていますが、その発展の原動力は治療装置の進歩であり、それを支えるコンピュータ技術の進歩です。
当院では最新の放射線治療に対応した直線加速器(米国Varian社製CLINAC iX)を導入しております。強度変調放射線治療(IMRT)や肺がんなどに対する体幹部定位放射線治療といった高精度放射線治療を行っています。

治療実績 診療実績

診療実績

2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
乳がん 82 113 73 106 61
肺がん 35 26 28 48 22
前立腺がん
(内 IMRT)
41
(24)
39
(23)
42
(18)
33
(29)
44
(38)
膀胱・尿管がん 9 11 9 5 2
食道がん 7 5 8 7 8
肝・膵臓がん 15 1 5 3 3
頭頚部がん
(内 IMRT)
21
(13)
11
(5)
9
(7)
4
(1)
5
(2)
その他 13 23 15 20 32
合計 223 229 189 226 177

スタッフ体制

医師名役職専門資格
茶谷 正史ちゃたに まさし
  • 顧問
  • 兼 放射線治療科
    診療主任部長
    • 医学博士
    • 日本医学放射線学会
      放射線治療専門医
    • 日本医学放射線学会研修指導者
    • 日本放射線腫瘍学会代議員
    • 大阪重粒子線センター
      名誉センター長
    • The Best Doctors in Japan
    中村 亮介なかむら りょうすけ
    • 放射線治療科
    • 日本医学放射線学会
      放射線専門医