住友病院
高度良質な医療のために
トップページ > 住友病院のご紹介 > 高度良質な医療のために > 高度医療機器 > 手術支援ロボット da Vinci Xi(ダヴィンチXi) について

手術支援ロボット da Vinci Xi(ダヴィンチXi) について


当院では2016年4月より、最新の手術支援ロボット da Vinci Xi(ダヴィンチXi) を導入しました。


手術支援ロボットの特徴


手術支援ロボットとは、内視鏡手術を支援するシステム「da Vinci Xi(ダヴィンチXi)」を用い、医師が遠隔操作で手術を行うものです。3D 高解像度画像による鮮明な視界で、術者は1つの腹腔鏡と4本の機器操作を行います。従来の腹腔鏡手術に比べて小さな手の動きでかつ、手ぶれを補正し、極めて精緻な手術を行います。da Vinci Xi(ダヴィンチXi)は日本の手術支援システムでも導入医療機関が少ない、最新機種となります。


手術支援ロボットの体制


従来より腹腔鏡を用いた高度な手術を行ってきました。経験豊かな医師がさらに高性能な手術支援ロボットを用いることより、今まで以上に高度な医療を医師、看護師、臨床工学技士のチームが一丸となって提供いたします。


手術支援ロボットの実情


2012年4月より、前立腺がんの全摘出術が健康保険適応となり、さらに2016年4月より、腎臓がんに対する内視鏡手術も保険適応となりました。今後はその他の手術へのさらなる適応が見込まれます。
また外科では平成28年10月より、da Vinci Xi(ダヴィンチXi)システムを用いて胃がんにたいするロボット支援下胃切除術を開始しました。執刀はロボット手術の十分な訓練をうけて認証された、腹腔鏡手術の豊富な経験と技術を持つ日本内視鏡外科学会技術認定医を中心としたチームが施行します。尚、ロボット支援下胃切除術は、保険未収載につき自費診療でおこなわれます。

PDFロボット(ダヴィンチ)支援下胃切除術

文字サイズ
小
中
大
 
住友病院
〒530-0005大阪市北区中之島5丁目3番20号
Tel: 06-6443-1261(大代表)
 
Copyright (C) Sumitomo Hospital, All Rights Reserved.